クレジットカード 支払えない

ブラックリスト

クレジットカードのクレジットは信用を指す意味でもありますが、これが意味するのは後からの支払いで物やサービス、その他の支払いができることで、カードを発行している会社が立て替えて支払いをすることによって実現しています。

 

これが信用の意図する意味でもあり、利用者と信販会社の間で信頼関係が成り立ってこそのサービスですが、いくら管理をしていても支払えない状況になることは少なくなく、後からの支払いになってしまうため、途中で余分な支出などがあると支払えない状態になることもあります。

 

しかし、支払えないから支払わなくていいで罷り通るわけはなく、延滞するとカード会社が規定している厳しいペナルティが科せられることになり、その一つに現在の金利よりさらに金利が高くなるというペナルティがあります。

 

金利が高くなるということはそれだけ支払いの負担が増えてしまうことでもありますが、お金が無くて支払えない状態になっている場合だと金利がプラスで付加されても返すことはできないので分割払いにして一回当たりの返済負担を軽減するか全く返せる見込みがない場合は債務整理も選択肢として入ってきます。

 

また、延滞や債務整理をすると信用情報に金融事故の履歴が掲載されてしまうことになるので、新しくカードを作成したい場合に作ることができなくなるため、極力自分でどうにか問題を解決するように心がけることが大切です。

 

さらに、ブラックリストに名前が入ってしまうと他の金融機関が提供している金融サービスも利用することができなくなり、カードローンやキャッシングといった身近なローンはもちろんのこと住宅ローンやマイカーローンなど目的ローンについての利用もできなくなります。

 

基本的にブラックリストに名前が入ってしまうと数年から場合によっては数十年にわたって新規での金融サービスを受けることができなくなると言われていますが、どれくらいの期間利用できないかについては金融事故の度合いによります。

 

また、ブラックリストから名前が外れても金融事故を引き起こした金融機関から再びお金を借りることやクレジットカードを作成することは永久的に難しくなるので、そこに関連する金融機関がある場合も利用ができない可能性があります。

 

返すことができないという理由から安易に債務整理を選択する人も少なくないですが、将来的なことをきちんと考えた上で返せない問題に対応することが何より必要なことです。