クレジットカード 支払えない

滞納すると起きること

クレジットカードを利用する場合の注意点として現金での支払いが必要なく、後払いのシステムなのでお金がない場合に何か欲しいというケースでもカード決済で便利に購入することができるというメリットがあり、一回で返済が難しい場合は返済回数を増やし分割払いをすることもできます。

 

ただし、現金で購入しないことによって買い物をしているという感覚を薄れさせてしまうことがあり、それによって本来なら必要のないものまで購入してしまうのです。

 

で、クレジットカードが支払えない状態になり借金地獄に陥ってしまうことがあります。

 

クレジットカード

また、支払えない状態になったからといって支払いを無視して良い訳はなく、信販会社からの催促を無視していると延滞金というペナルティが付帯されることになり、それを放置していると強制解約されてしまうことがあります。

 

他にもカードを所有しているから解約されても問題ないと安易に構えていると、他のカードも一斉に強制解約されることになり、一枚も手元にカードが無くなってしまうことがあります。

 

これはそれぞれのクレジットカードは別の会社のところで発行しているものの、信用情報については共有している情報です。

 

なので、どこかでトラブルが起こった場合に信用情報にトラブル履歴が掲載されることになるので、他の会社も危険を感じて強制解約させるというものです。

 

強制解約されたからといって支払えないまま放っておいて問題が収まることもなく、次はカードの発行会社から訴訟されることになり、普通預金口座や給料などを差し押さえられてしまうことになります。

 

そのため、クレジットカードを利用する場合は延滞しないようにすることが大切です。

 

延滞しないためにはカードで決済をした時点で現金をカードの引き落とし口座に入れておくことが大切で1円単位でもお金が足りない場合はペナルティが科せられるという厳しいカードなので注意する必要があります。

 

クレジットカードは便利な面がある一方でカード地獄という言葉があるように、きちんと管理をしてないと痛い目に遭ってしまうことがあるので、発行して利用しようとする場合はきちんと管理をする必要性があります。

 

また、何かトラブルを起こしてしまい信用情報機関に掲載されてしまうと、カードの新規発行だけでなく住宅ローンやマイカーローンなど他の金融機関のローンサービスも利用できなくなることがあるので管理を怠らないようトラブルにならないように気を付けましょう。

 

2つの対処法

 

カードローンで借りて支払う

 

もし、お金が無くてクレジットカードが支払えないという場合には、低金利のカードローンを利用して支払うといいですよ。

 

お金を借りて支払うということに抵抗がある方もいるかもしれませんが、延滞してカードが解約されたり、普通預金口座や給料などが差し押さえになってしまうよりかはよっぽどいいと思います。

 

今のカードローンは金利もかなり低いですからおすすめです。

 

カードローンといってもたくさんありますが、クレジットカードの支払いとして利用するのにおすすめなのは【アコム】【住信SBIネット銀行】【みずほ銀行】になります。

 

アコム

まずアコムですが、アコムは申し込みしたその日のうちに融資してもらえる即日融資が可能ですので、急いで支払しないといけない時でも間に合います。土日や祝日、営業時間外でもネット申し込みのあとに無人契約機に行けばすぐにカードを発行してもらい借り入れすることができます。

 

また、初めてアコムを利用する方は30日間無利息で利用することができるのでかなりお得です。30日間は利息が0円ですからね。

 

給料日が来ればアコムの方に返済できるという場合など、短期間で返済することができる場合や急いでお金が必要な方はアコムに申込するといいでしょう。

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は圧倒的に低金利です。その金利は、年1.99%〜7.99%という低金利設定ですからね。ここまでの低金利設定は他のカードローンではなかなか見ないと思います。

 

もしいくつかのカードローンをすでに利用している人や、クレジットカードのキャッシングを利用している人などは、この住信SBIネット銀行ネットローンで借り換えてしまうこともできますよ。高い金利のところから低い金利の所にまとめてしまうと返済がかなり楽になる可能性があります。

 

≫住信SBIネット銀行の申し込みはこちら

 

みずほ銀行

みずほ銀行は全国どこにでも店舗のある超大手銀行ですね。超大手銀行なので利便性にも優れていますし、安心感も抜群ですので、初めてカードローンを利用するという方でも安心して利用できると思います。

 

銀行カードローンですと審査に時間がかかって融資まで日にちがかかるんじゃないの?って思うかもしれませんが、みずほ銀行の場合は審査も早いですので、結構早く利用することができます。一定条件を満たせば即日融資も可能です。

 

≫みずほ銀行の申し込みはこちら

 

 

分割払い・リボ払いも検討する

 

無いところからお金を作ることは難しいと思いますが、それでも滞納してしまうとペナルティが科せられてしまうことを考えるとどうにか問題解決に向けた行動を起こす必要があります。

 

その方法の一つに分割払いという方法がありますが、支払えないと分かった時点で分割をすることによって一回当たりの返済額の負担を軽減することができるので、自分が支払いをすることができるところまで分割するとよいでしょう。

 

ただし、気をつけないといけないのは分割払いにして一回あたりの返済における負担は軽減されますが、分割すると金利が付加されることになるので完済までの期間が長くなれば長くなるほど支払う必要がある金利の額は増大することになります。

 

できるだけ分割という選択肢は避けることが望ましいですが、滞納してしまいペナルティを受ける状態にある場合は腹に背を変えられないので、分割にして対処するのがベストの方法になります。

 

また、クレジットカードの分割支払いの中にはリボルビング払いという選択肢もありますが、この方法は信販会社が力を入れている方法となっており負担が少ない支払方法であるというメリットがある一方で仕組みをきちんと知って利用しないと支払えない状態になり借金地獄に陥ってしまう可能性があります。

 

分割にして支払いをする場合は支払いの返済日についても注意を払う必要があり、せっかく分割にしてペナルティを受けるという難を逃れたのに分割返済で設定して返済を忘れてしまっては元も子もありません。

 

カードを発行している会社によっては返済日の前にメールで連絡してくれるところもあるので、返済日を忘れてしまいそうで怖い場合はこうしたサービスを活用することによって支払いを忘れてしまうことを防ぐことができます。

 

いずれにしてもカードを利用する場合は計画性を持って支払いが困難にならないように注意することが大切です。

 

 

【クレジットカードが支払えないままにしておくとどうなるのか?まとめ】

 

・クレジットカードの強制解約
・他社のクレジットカード関係も強制解約
・延滞金も支払わなくてはならない
・訴訟される
・給料や普通預金口座などの財産を差し押さえ
・住宅ローンやマイカーローンもこれから利用できなくなる可能性もある

 

 

 

 

信販会社にとって大きな利益であるリボルビング払い

 

日頃の生活に便利なクレジットカードですが、使用方法を一歩でも間違えると借金地獄に陥ってしまうことがある危険性を秘めているカードでもあり、金融機関が提供しているカードローンやキャッシングと違って現金を借りているという感覚が薄いこともあって知らない間に借金地獄の沼に嵌るのも特徴です。

 

基本的にカードを利用して買い物をする場合は一回か二回払いくらいまでの支払いで利用する場合は金利が付加されることもなく、余計に払うお金も無くカード決済することができるのですが、それ以上の分割回数で決済する場合は金利の支払いが余分にかかってくることになります。

 

この金利による負担がかなり大きくなっており、特にリボルビング形式による支払い方法にすると毎月の返済における負担額は小さいものの、金利の支払いが前に向いてなかなか進まないことで借金を返済している気になっていても全く借金が減ってなかった場合もあります。

 

そうならないためにもリボルビング払いはなるべく避けて金利がかからない範囲での利用を心がけることが大切ですが、グレー金利での貸し出しができなくなったことから信販会社が目を付けたのがリボルビング払いであり、これは信販会社にとって非常に大きな収入源になっています。

 

クレジットカードで支払えないという状況に陥るケースも大抵はリボルビング払いに設定たことで借金が減らない状態になった場合ですが、支払えない場合は適切に対処することが大切で新たに分割払いを設定してしまうとより完済が難しくなることも頭に入れておきましょう。

 

また、クレジットカードで支払えないのはリボルビング払いによる場合だけでなく、カードの利便性からついつい不要なものまで買い過ぎることで支払えなくなるケースもあり、特に男性よりも女性がなりやすいと言われているこの状況は買い物依存症とも言われます。

 

カードでの決済になると現金を支払うことなく買い物ができることもあって買い物をすることに対して抵抗感を覚えにくいというのも依存症になりやすい原因で、自分がどれくらいの買い物をしたかという意識がない人ほど注意が必要です。

 

クレジットカードを利用する場合は決済した時点でその時のお金を指定口座に入れておくようにすることが大切で、後からだったらお金もどうにかなるという安直な気持ちで構えていると後悔することになるため、カードを利用する上でその点には十分に注意をする必要があります。